top of page
検索
  • 執筆者の写真Yutaka Okuyama

虹の幼稚園から(31)施設移転

更新日:2023年8月18日

この数か月間は、怒涛のように時間が流れていきました。5月下旬、3条通13丁目ヤナギヤビル1Fに移転決定、6月は移転作業に丸々費やし、7月3日より新施設での保育を開始致しました。




3週間で1学期が終了しましたが、7月24日から3週間のイングリッシュキャンプがスタート。12名のお子さんに参加頂きました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!








以前の施設は1F,2Fの2フロアを使用し、2Fをレッスン室、そしてホールではバレエ、リトミック、そして自由時間として使用していましたが、新施設はワンフロアとなり、広さもこじんまりとなりました。


’子供たちはどんな反応をするのだろうか?今までと同じじゃないといやだ!’なんてことになったらどうしよう、と一抹の不安はありました。が、そんな心配は杞憂に終わりました。



新施設に足を踏み入れるなり、全員の園児が ’わくわくする!!!’子供の順応性は素晴らしい!と改めて感心しました。すぐに秘密基地づくりやおままごとを始めた園児たちでした!


6月の非常に忙しい中、東京のあるインターナショナル幼稚園から、こちらに園の運営をお任せしたいとの打診がありました。そこで東京のインターナショナル幼稚園について色々調べまてみました。そうすると、主要言語は英語ですが、様々な言語をレッスンとして提供している園が多いこと、また、先生はネイティブだけではなく、様々な国籍の先生がインターナショナル保育に携わっているということがわかりました。


やはりこれからは幼児のうちから多言語というのがトレンドになっていきそうです!お話を頂いたインターナショナル幼稚園のオーナー様の話ですが、’トライリンガル保育は時代のニーズにあっている、そのような新思考で保育を行っている施設にこちらの運営をお任せしたい。’ 非常に勇気づけられました!


この話は最終段階で合意には至りませんでしたが、インターナショナル保育施設運営に関して、いろいろと勉強させて頂くことができました。


もうすぐ2学期が始まります。北海道インターナショナル・トライリンガル幼稚舎、更なる飛躍を目指し、頑張ります!!!


 





最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page